生きがいだらけ。

ディズニーとKAT-TUNが好きなアニヲタ。多方面に趣味が散らかりまくった。

銃を片手に初めて海賊船に乗船した日

 

KAT-TUN 10th anniversarytour 10Ks! DVD発売おめでとうございますっっ!!!!!!!

 

いや!!待った待った!!!ありがたきKAT-TUN成分の補給じゃ〜〜恵みをありがとう〜〜〜〜。発売を記念しまして(?)どうやら私がLIVE直後に書いたらしい文章が下書きに葬られてたので供養のつもりであげようと思った次第です。初KAT-TUNLIVE初生KAT-TUNの感想です。壊滅的な文章力です。

 

4月29日人生ではじめてコンサートに行ってきました。はじめて好きになったアイドルのコンサートに行ってきました。(そもそもなんで今このタイミングでファンになって無事コンサートに行けることになったのか等々は別記事でいつか書きたい…)一言で言うと夢みたいな時間でした。あの時間が幻想の中みたいでした。でもKAT-TUNは幻想じゃなかった。あんなにあっという間に過ぎる3時間ってなに。東京ドームに時空の歪みを感じる。正直コンサート中の記憶が怪しいです。通学通勤ずっと、ずーっと聞いてきたKAT-TUNの曲が生で聴ける場所にいる。生歌って素晴らしい。生きててよかった。KAT-TUNがそこにいる。KAT-TUNと同じ空間にいる。いつも元気をくれる人たちにあえる。こんなに素晴らしいことないです。この時間が永遠に続けばいいのにと心から思いました。こんなに冷静に文にしてるけれど現場では泣きじゃくってましたwww そのせいで記憶があやふやなんでしょうね…。アホ…。そんな記憶飛びまくりのコンサートですがどうしても感想を記録しておきたくて書いてます。もうただの日記です!!妄想幻想詰め込みまくりなので事実と相違があります!!!!DVD早く売って!!!!!(血涙)

 
前日は仕事で残業して、終わってから予約していた10Ksピアノスコアを受け取りに行き、帰ってきたらコンサートの支度、ネイルを塗ったり服を決めたり、もっと前にやっとけよ…って感じですよね。コンサートってなに持っていけばいいの???段取りの悪さ。そんなことで寝るのが遅くなりお約束のように当日は寝坊しました。慌てて支度をし家を出て、ドームで無事に一緒に入る友達と合流できました。頑張った。許してくれたV担の友達には感謝しかないです…。グッズ列に並び近況報告からなんのグッズを買おうか止まらない女子トーク(?)。どうしてもグッズ代を2万に収めたかったのですがどう計算しても3万円をゆうに越してしまう私は必死でした。だって全部欲しいんだもん!!無理!!全部欲しい!!!だいたい公演ごとに音声が違う時計ってなに!?それってもう別物じゃん!?買いたいけど6500円!?たけえよ!!!!!!!!2つでもう1万3000円!!!!たけえんだよ!!!!!!まあいいよ、時計が6500円なのはまあ許す。だがしかしクリアファイルが600円ってのはいかがなものか!!!一枚600円!?!?どこでそんなお金必要だった!?!?まあ買うけど!!! なんて葛藤をしてるともうテント下なんですよね。すみません決まってないです!!!!!!!
結局時計を2つ買うのをやめてタオルもバックもうちわも買うことにしたのですが充電器間とかありましたね。コンセントって。ポータブルバッテリーかと勝手に思ってたんでコンセントはもうびっくりしまして。いや…え??コンセントなの…??。みたいな。もうちょっと高くていいから持ち運びバッテリーが欲しかったよ私は。コンセントタイプはいらんよ。でも中丸くん考案なんだっけ?そりゃ買わなきゃ…。みたいな自担に甘々思考でいたのですが結局買いませんでした。なんなんだよ。いやそりゃ中丸くん考案なら買わない理由がないかのだけどもコンセントタイプは本当に求めてない…。結局欲しくなったらオーラスで買うから許して…。ごめんねゆっち…。(日数が経ってしまったので追記しますと結局購入してないです…。ごめん。)
結局ペンラとパンフとタオル(黒)とバックとうちわとフォトセ(中丸)とクリアファイル(中丸/集合)とボールペンを買いました。ボールペンはギリギリまで迷っていたけど一番自分が普段使いできそうだったので購入。職場用に。
 
そこからはひたすら開場まで時間を潰す潰す潰す。友人とマックにいったりプリクラをとったりクレープ食べたり。なんだかんだ初東京ドームでもあったので楽しかったですね。モモノフさんが多くて人間観察が楽しかった。カラフルでとにかく原色!全身推し色!!なモモノフさんの波の中を白黒とりあえずレザーの戦闘服+10Ksバックのハイフンが混ざっていて異世界でした。
 
そんなことしてるとあっという間に開場、今からKAT-TUNにあえる事実に頭がついてきてなくてふわふわしてました。ワクワクとからドキドキとかよりもふわふわ。頭が現実から離れ始めた頃です。席について双眼鏡あわせたりしながら待ってるとあっという間に17時50分。スマホ電源切った!?切ったよ!!なんて確認して、肩にタオル(肩にタオルかけるのライブっぽいなと思った)、右手に銃(ペンラ)を持って待機。この時もまだドキドキなんてしてなかったんです。案外これは泣かないかもなーコンサートどんな感じなのかなーくらいの思考でした。
 
電気が消えて会場一体が一瞬で真っ赤な光に包まれて。鳥肌がたちました。画面に映像が流れてリアルフェイスのフレーズがきこえた時にやっと 私、KAT-TUNのコンサートにいるんだ と実感したんだと思います。もうぼっろぼろ涙が出てきて。DVDの世界だったものが目の前に広がってることに感激なのかなんなのか、涙が止まらなかったです。あのリアルフェイス聞くと本当にテンション上がりますね。高揚感がすごい。KAT-TUNのコンサートに来てるんだ。泣いてる場合じゃないのに、目に焼き付けなきゃいけないのに。バスタオル買ってよかったすごい役立つ。緊張と高揚感と嬉しさと感動が一気に込み上げてきて感情が大渋滞でした。
 
私GOLDが大好きなんです。KAT-TUNを気になりだした頃に(本当にまだ、この沼どんな沼かなー?深いかなー?片足入れてみようくらいの頃です)少しだけ【Live of KAT-TUN “Real Face”】を見る機会がありまして、そこではじめて聞いたGOLDがあまりにかっこよくて。それで沼にすっ転ばされた(?)みたいな経緯があるんです。セトリを見てど頭がGOLDと知った時とにかく楽しみだったんです。映像で既に泣いてるところに爆発とともにGOLDのイントロ低音が聞こえてきて、もう大絶叫。出そうと思って出してるんじゃない。心の声が勢い余って溢れ出てる。イントロ消していくくらいのハイフンの歓声。
 
All or Nothiギャャァァァァアアアアアアア!!!!!!
 
声!!!声する!!そこで歌ってる!!!!でもどこにいるのかわからない!!!どこにKAT-TUN出てきてるの!?あのステージなに!?!?KAT-TUNどこ!?!?!?
コンサート初体験の人間なんてこんなもんです。使い慣れない双眼鏡で必死に探してもそもそも視界がぼやけて全然わかんない。双眼鏡から目を離すとステージの画面にばっちりうつる3人。KAT-TUNがそこに存在しました。黒、金、赤。ごってごての海賊風の衣装を身にまとったKAT-TUN。もう、泣きながら棒立ちすることしかできなかったです。双眼鏡からも手を離し上の空で銃を振ってました。GOLDを歌う彼らをしっかり見ないと絶対に後悔する、と思い開始数分で大活躍するバスタオル。そしてTwitter等でレポを読んでいたので、顔面がどんなに大洪水になっていようと中丸くんの低音だけは聞き逃すまいと突然冷静になる私。開始数分でもう必死です。ど低音×英語、かっこよすぎて うわあ…って言いました。なんかもうかっこよすぎて軽く引きそう。少し冷静になってきたころにぶち込まれる「旅立ちの鐘が鳴り響く」。もうさ、こんなの落ち着いてきた涙腺の崩壊。ダムの決壊。ゔゔゔあ゙あ゙あ゙…って声に出して泣くことってそうそうないよ。大好きなGOLDなのに顔を覆って泣いてました。屈みかけました。目に焼き付けなきゃならんのはわかってるけどなんかもう無理。これを聞けてることが幸せすぎてつらい。ここを聞くのがなにより楽しみだった。旅立ちの鐘て!!!え!?なにそのフレーズ高まるに決まってるよ!!!!!かっこいい!!!!汚れたシャツが君の地図!!!どんな時も!!もう迷わない!!!君を抱きしめるBaby,All Night!!!好き!!!!!
サングラスかけてる亀梨くん、出航だ!!!!と声をあげる上田くん、そして、なによりはじめて生で見る中丸くん。身体ほっっっそ。顔ちっっっさ。客席煽りまくる。中丸くんだ。中丸くんがいる。正直もう本当にかっこよくて幻かと思いました。現実でした。生きててよかったーーーーー!!!!!!!
 
そしてまた聞こえてきたリアフェのイントロで泣くんですよ。な、生リアフェ〜〜〜!!!!(?)いつもDVDを見ながらやってた動きができました。それがとにかく嬉しかったです。リアルを手に入れました。楽しい〜〜〜〜!!嬉しい〜〜〜〜!!!!!で胸がいっぱいです。ハイフンさんの動きの揃い方にびっくりしました。こんなに振り揃うもの???一糸乱れぬ銃の動き。席が上の方だったこともあり、圧巻でした。止まるところみんなピシッ!!って揃うんです。KAT-TUNからも見えてるのかなあ。綺麗だろうなあ。その一部になれたことが嬉しかった。そしてここでボイパ!!!ぼ、ぼいぱ!!!私ボイパ聞いてる!!!思考力がどこかいってたんでしょうね。そして舌打ち。
(´∀')チッ
ギャアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!
意識して叫んでるとかじゃない。私は本能の話をしています。舌打ち1つでドーム中を歓声で埋め尽くすカズヤカメナシ…。最高だよ…。脳内がパニックです。とにかくReal Face は本当にとっても楽しかったです。
ついについに出航の時です。船員は集まりました。全員戦闘員。みんな銃持ちですから。カッコイイ〜〜〜〜〜!!!!KAT-TUNもハイフンも大好き〜〜〜〜〜!!!!!
 
と、ここまで長々書き連ねてまだ開始5分くらいなんですよね…?怖…。どんな長編…。と思ったので、もうまとめます。雑感。
 
もうとにかく終わってからは興奮さめやらぬというか生で見るKAT-TUNだとか、生歌がきけるだとか、レーザーやばい異空間だとか、ドーム内で爆発だとか、衣装素敵すぎるとか、感情が大渋滞で。明日も明後日もこれが見れるの!?ほんとに!?!?それって幸せすぎないか!?!?!? という思いでした。

幸運なことに三日間参戦することができたのですが、三日目はKAT-TUNのコンサートでは「勝ち組」と呼ばれる、あの【天井席】に入ることができました!!!もともと東京ドームも初なので、どのくらい上なのかもわからずとにかく"ヤバい"らしい、と楽しみにしてました。

圧巻。

その一言に尽きるのでは無いでしょうか。縦横無尽にドーム内を埋め尽くすレーザーが見えるのはあの場所だけだと思います。1.2日目ではレーザーと自分が同位置、もしくは頭上でしたが、完全にレーザーの上。スタライのレーザーの動きもばっちり(初日はかっこいいが立て込んでてレーザーどころじゃなかった)。

 

 

1日目のことですが、最後の挨拶が終わって、恒例の「we are KAT-TUN」をやるとき。ここ、ありえんくらい泣きました。両手繋いでるから涙もぼっろぼろさせながら笑ってました。隣の席だったものすごい綺麗なお姉さんあの時はすいませんでした…。私の中で最後のアレはKAT-TUNとハイフンの象徴のようなもので、なぜかジャニヲタになる以前から「KAT-TUNのLIVEってウィーアーカトゥーン!って手繋いでやるらしいよ」と知っていたので、KAT-TUNを好きになってからいつかやりたいやりたいと思っていました。当日、じゃあ隣の人と手繋いでって亀ちゃんに言われて、その瞬間もう涙が止まらなくて。自分が思っているよりもずっとずっとこれに憧れていたんだなと思いました。過去のLIVEや少プレでいつも最後にKAT-TUNとハイフンさんがやっているもの、その認識だったことを自分がやっている状況に、KAT-TUNのLIVEにいることを再認識しました。今思い出しても鳥肌が立つほどです。そのくらい、あの瞬間は特別でした。

 

私の人生の中で絶対に忘れることのできない三日間だと思います。彼らの道はこれからも続いていく。真っ直ぐ、ただただ先だけを見て、走り続けることを約束してくれた彼らを応援しないわけがないんだよ!!!!!!いままでも、これからも、KAT-TUNでいてくれてありがとう!!!!!!!!!!!!!!!

 

そんな大興奮LIVEが!!!!!映像化!!!!!DVD発売やったね〜〜〜〜!!!!!!!!!!CMめっちゃくちゃかっこよくてあんなん見たら全人類がDVD購入してしまうのでは????KAT-TUNの魅力に気付いてしまうのでは?????もっと放送しよう???布教活動に力を入れる日々でございます。早く見たいんじゃ〜〜!ちょっと見てみたいなと思ったそこのあなた!!!絶対に買って後悔はしないから!!!!あ〜〜10KsDVDの売り込みの営業だったらトップの成績叩き出せる気分〜〜〜〜( ˘ω˘ )なにはともあれ、私の人生初のLIVEなわけです。見返して思い出に浸りたいと思います。ありがとうKAT-TUN。ありがとう10Ks!(読み:テンクス)